「最近、たるみが気になる」

そんな悩みをお持ちのあなたに、メスを一切使わない新しいたるみ治療である”サーマクール”をご紹介したいと思います。

サーマクールは2002年にアメリカの企業が開発し、直後に全世界へと普及しました。

たるみ治療といえばメスを使用してリフトアップをする手術が主流だったため、大きな衝撃を与えました。

日本にも同年12月に導入され、以降サーマクールを行うクリニックが増加しています。

サーマクールのたるみ治療は、以下の方法になります。

1.高周波RFという電気エネルギーにより、あらゆる方向からリフトアップをする

 縦、横、奥という三次元の引き締めが特徴です。

2.皮下組織を引き締めることでお肌の表面に傷を残さない

 皮下組織にあるコラーゲンや繊維組織を加熱し、その後収縮させます。

また、サーマクールは常に最新設備が搭載されており、現在の最新機種には高温度が長時間にわたって均一に皮下組織に届くようになりました。

他にも、高周波RFで加熱しながら振動を与えることもできるようになり、治療時における痛みが大きく軽減されました。

このような画期的なたるみ治療であるサーマクールは、現在世界80か国以上で使用されています。

Be the first to comment!

Leave a Reply